大阪でレーシック手術のおすすめクリニック

大阪でレーシック手術

レーシック手術は、手術の大半を機械が行うこともあり、レーシック手術をするためには、設備にかなりの費用を要します。そのため、レーシック手術できる眼科クリニックはかなり限られています。

そのようなこともあり、レーシック手術は、レーシック専門のクリニックで受けることが一般的です。レーシック専門のクリニックにしても十分な患者数を確保しないと経営するのは難しいこともあり、東京や大阪といった大都市に集中しています。

大阪の場合は、有名なレーシック専門クリニックがほぼ開院していますので、近畿や中国・四国地方の方は大阪まで来て手術を受けることがおおいのではないでしょうか?

レーシック手術のメリット

レーシック手術のメリット、それは、裸眼で日常生活を送ることができるようになる、ということです。眼鏡やコンタクトレンズを使用するわずらわしさから解放されます。

若い女性はオシャレの幅が広がり、自分にもっと自信が持てるようになるでしょう。スポーツ好きな方は、野球のキャッチャーマスク・剣道の面・スキューバダイビングのマスク…などなど、もう眼鏡やコンタクトレンズのことを気にせずに着用できるようになります。

老眼で細かい作業が苦手になったと趣味に消極的だった方も、前向きにクラフトワークなどに取り組めることでしょう。レーシック手術を受けた方達は、毎日の生活が変わり、前向きで豊かな人生を送れるようになった、と感じています。

しかし、近視・乱視や遠視などで悩む方のすべてが、このレーシック手術を受ける必要があるわけではありません。これはあくまでも「個人の選択」なのです。

手術を受ける前に、レーシックについて十分に理解した上で、決断するよう心がけたいものです。

レーシック手術のデメリット

このままずっとコンタクトを使用するべきか、それともレーシックを受けてすっきり裸眼でその後は楽に生活しようかと悩む人もおられますが、レーシックのメリットとデメリットの両方を考えてから決めることが大切です。

レーシックの値段を調べて、今使っておられるコンタクトレンズの値段でそのまま10年使用するとすれば、費用はどちらが安くなるのか計算してみることもできます。長期的に考えると、レーシックのほうが経済的であることがお分かりになることでしょう。レーシックの手術を受けた直後は、気をつけるべきことがあります。それは、翌日の検診まではシャワーや洗顔を控えるべきだということです。うっかり洗顔してしまったというようなことのないようにしましょう。レーシックによって、近視や乱視、また遠視も矯正が可能だといわれています。しかし、当面は成功したように思えても視力の戻りといった問題が全くないわけではありません。

デメリットとしては、視力の問題だけでなく、どうしてもドライアイの症状を感じる人が多いということです。それは、レーシックによってフラップを作成しているからです。フラップの作成により、ドライアイの症状だけでなく、視界がぼやけることが多くなったり、また目がキズつきやすくなるといったデメリットもあるのです。そういったときの対処方法としては、しばらく目を閉じて休むようにする人もおられます。デメリットを考えると、クリニックを厳選する重要性が浮き彫りになります。

関連記事

  • レーシック手術を大阪で受ける人の為のサイト
    大阪には、日本全国に展開している大手レーシッククリニック系列の専門眼科がたくさんあります。大阪でレーシックの手術を受けることを検討している人にとっては、数がたくさんありすぎて、どこを選んだら良いか迷っている人も多いでしょう。